永代供養

真言寺「永代供養」について

当山の永代供養は、墓地継承者が途絶えたり、または墓地や納骨堂、ご自身の供養を継承する人がいないことを前提として、お寺が代わりに永久に(寺院が存在すること)供養を行う形態です。
なお、当山では2種類の永代供養の方法がございます。

1.33回忌まではご本尊真下(須弥壇)の永代供養棚にお祀りし、月命日、祥月命日、法事、行事供養一切を住職が読経回向し、その後33回忌が終えたのち、永代合祀墓(本堂手前)に納骨し供養を続ける。

2.上記「1」の永代供養棚ではなく、最初から永代合祀墓に納め、月命日、祥月命日、法事、行事供養一切を住職が永久に読経回向を行う。

・永代合祀墓

以下の注意事項をご確認下さい。

○「1」を選択された場合でも、いづれは土に還ってもらうため、33回忌後には永代合祀墓にお納め致します。
○「1」、「2」のいづれでも、お位牌を当山にてお祀りし供養して参ります。お位牌がない場合は、当山にて作成開眼(お魂入れ)を行い、供養して参ります。
○「2」の永代合祀墓の場合は、お骨箱からお骨を開けて納めますので、一度納めますと後で遺骨を取り出すことができなくなるため、注意が必要です。

永代供養は、少子化、人口減少による結縁維持が困難になってきた現代社会では、選択する人が増えニーズの高いものとなっております。
当山でも、年々ご相談が増えておりますので、将来やお布施などについては、まずは遠慮なくお寺まで電話、メール等にてご相談下さい。

電話でのお問合せ 0158-42-2444
メールでのお問合せはこちら